Artigiano



引越前、もう来る機会がなくなってしまうからと
近所のお気に入りのお店巡りをしていました。
その中の一件、地元産の食材を多く使ったイタリアンです。

最初に鰹の前菜(写真なし)を頂いたあとに生ハムのサラダ。
中にフルーツトマトが隠れていました。
このトマトがすごーく甘くて、
野生種のルッコラの苦みといい取り合わせでした。
添えてあったチーズがモッツァレラのようなちょっと違うような、
でもフレッシュでとてもおいしかったので、
何というチーズか聞いてみたら自家製とのこと。
e0304163_08200972.jpg


真鯛と山菜のフリット・ミスト。
山菜には生ハムが巻いてありました。
これ、おいしかったしいいアイデア!
毎年、春に一度は家で山菜天ぷらをいただくのですが
いろんな種類の山菜を揃えると膨大な天ぷらができてしまうし
かといって余らせても他の料理法もよくわからないし、
持て余してしまってました。
来年からは一日目天ぷら、二日目生ハム巻のフリッターにしようっと。
e0304163_08200926.jpg


パスタは二種類。
キスと山葵菜の冷たいフェデリーニ、唐墨がけ。
e0304163_08200949.jpg


猪と黒キャベツの煮込みであえた手打ちパスタ。
少し前に読んだ本で、猪を食べる話が書かれていたので
メニューを見たときから楽しみでした。
e0304163_08200902.jpg

パスタはどちらもおいしいのだけど、ちょっと物足りない量。
コースの一皿だから、全部食べ終わるとちょうどよいのだけど
いつもおいしくて、もっと大盛りで!と言いたくなってしまいます。


メインは合鴨と新玉葱のロースト。
メインなのに写真がない。
ワインも進んで、酔っぱらっていたものと思われます。


口直しのグラニテ。
e0304163_08200946.jpg

パッションフルーツのセミフレッドと新生姜のパウンド。
e0304163_08200967.jpg

最後に紅茶とビスコッティでおしまい。

このお店、使っている野菜も自家菜園のものが多いし、
生ハムや唐墨も手づくりなんです。
ここまで自家製って、なかなかないですよね。
記念日などに利用していたお店だったので
伺えなくなるのはすごく残念・・。

引越をするので今日が最後という話をしていたら
シェフの知り合いの方が都内でやっているというお店を
教えていただきました。
落ち着いたら行ってみたいなと思ってます。


[PR]
by kokonteiimasuke | 2015-05-12 14:18 | Comments(0)

おっととつまのささやかな記録


by kokonteiimasuke